C93新刊 加合 【眼鏡を掛けても】

C93新刊 加合 【眼鏡を掛けても】

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 600

C93冬コミ新刊です。(イベント頒布価格とは異なります。) 高村薫fanbook⑭加納×合田小説本 「この眺め、ちょっと背徳的じゃないか?いいね、眼鏡を掛けた君が耐える姿――」 歳を重ね、ついに手元が霞むようになった合田はしぶしぶ眼鏡を購入する。複雑な思いの合田だったが、目の前の加納は眼鏡を掛けろとしつこく迫り?! 歳を重ねた二人の熱い一夜を描いた表題作のほか、レディ前後の危うい合田をホステスの女が見つめた「青い月と太陽と」、入院中の加納を執刀する同級生医師目線の二人を描く「老いてもなお」、上司からの見合い話を持ちかけられ続けている加納検事の後日談「猫が来た」の四本を収録。

    C93冬コミ新刊です。(イベント頒布価格とは異なります。) 高村薫fanbook⑭加納×合田小説本 「この眺め、ちょっと背徳的じゃないか?いいね、眼鏡を掛けた君が耐える姿――」 歳を重ね、ついに手元が霞むようになった合田はしぶしぶ眼鏡を購入する。複雑な思いの合田だったが、目の前の加納は眼鏡を掛けろとしつこく迫り?! 歳を重ねた二人の熱い一夜を描いた表題作のほか、レディ前後の危うい合田をホステスの女が見つめた「青い月と太陽と」、入院中の加納を執刀する同級生医師目線の二人を描く「老いてもなお」、上司からの見合い話を持ちかけられ続けている加納検事の後日談「猫が来た」の四本を収録。